レアジョブの評判をチェックしよう|英会話をマスターする秘策

流暢に話す

英語

学校で習ったことよりもさらに流暢な英語

みなさんは学校で習った英語は、本場イギリスやアメリカで話される英語、“英会話”と違うとても硬い英語なんだと知っている人はあまりいないと思います。ですが、今から書く同じ直訳の意味の例文を並べます。MynameisKentarou(not英会話)I’mKentarou.(英会話)知ってる人は嘲笑するレベルですが、わからない人から見れば同じ意味だろうと思うと思います。しかしこれをニュアンスで分けると・・・。MynameisKentarou.(拙者の名前は健太郎でござる。)I’mKentarou.(僕は健太郎です。)見てればわかる通り、Mynameis〜の表現は、今の時代を生きるおじいちゃん世代の人も全然しゃべらない表現ということがわかります。このことからわかるように、学校では習ってない表現を習得しなければ少しおかしい言葉をつかってはなしてしまうことがあるので英会話と教科書英語の違いに注意しましょう。

英会話を習得するときに注意すること

先程書いた通り、英会話と学校で習った英語の2つは、短文でもだいぶ表現(ニュアンス)に差が出ているほどなので、長文だとかなり硬い英語になってしまうことが多々あるのです。なので、それを解消するためにはもちほん英会話勉強の本を見たりすることも大切ですが、英語を聴く能力がとても大切です。なので、今話題のスピードラーニングや簡単な英語字幕のある動画を見たり、ステップアップしたら英会話教室に入るなどした英会話を習得することができます。しかし、その能力を手にするには仕事との両立をしなければならなかったりしたりするので、習得する全てにおいて言い切ることができるのが、とにかく“根性”が必要なので、根気強くやっていく覚悟が必要だということを意識してください。